NASA宇宙飛行士の故ウォルター・シラー(Walter Shirra)が所有、着用した「オメガ(OMEGA)」の「スピードマスター」が約6万円された。

2022 オメガ スピードマスター アポロ11号 50周年記念 310.60.42.50.99.001

モデル名 :スピードマスター アポロ11号 50周年記念
Ref. :310.60.42.50.99.001
ムーブメント :オメガ 3861
手巻きクロノグラフムーブメン
パワーリザーブ 約50時間
ケース素材 :ムーンシャイン™ ゴールド
文字盤 :イエロー
ブレスレット :ムーンシャイン™ ゴールド
ケース径 :42.0 mm
防水 :5気圧
1969年にオメガウォッチを身に着けた宇宙飛行士が初めて月面着陸に成功してから50年。オメガはこの輝かしい年を記念して、オメガ コピーマスタークロノメーター キャリバー3861を搭載した、世界限定1,014本のスピードマスターの手巻きモデルを製作しました。

この記念モデルには、18K ムーンシャイン™ ゴールドを使用しています。縦方向にブラッシュ加工が施された18K ムーンシャイン™ ゴールド製のダイアルには、オニキス製のインデックスが配されています。1969年製のモデルにインスピレーションを得て、セラミック製のベゼルリング、ケースバックおよびムーブメントのマーキングにはバーガンディが使われています。

装飾が施されたケースバックのインナーリングは18K ムーンシャイン™ ゴールド製にブラック加工が施され、アメリカ大陸の地図の一部とドーム型の月の隕石が、実際の地球と月の対比となるように象眼であしらわれています。

シラーは、1959年にアメリカ初の有人飛行計画「マーキュリー計画」に選ばれた宇宙飛行士の一人。1962年にマーキュリー、1965年にジェミニ、1968年にアポロの3計画で宇宙に飛び立った。

 今回落札されたスピードマスターは、記念シリーズ「ナンバード エディション」となる18Kイエローゴールド製の「BA 145.022」モデル。1969年から1973年にかけて1014本のみ生産され、そのうちの一部がNASAの宇宙計画に参加した宇宙飛行士に贈呈された。シラーは、ケースバックに「Astronaut Walter M. Schirra, Mercury 8 – Gemini 6 – Apollo 7」と刻印された限定番号8番の時計を所有していた。

 同時計は、希少性の高いバーガンディのベゼルを採用。ケースバックに「to mark man’s conquest of space with time, through time, on time(時間とともに、時間を通して、時間通りに達成された人類の宇宙進出を記念して)」のメッセージを刻印している。